Let's Game diary

主にFF、ゲーム関連的な。

【FFXIV】ハウジング訪問 ~台湾観光地風、リゾート一室のハウジング~

以前から気になっていた


ミテさんのハウジングでフレンド達と一緒に遊びに来ました!

f:id:bana250:20210521000947j:plain

f:id:bana250:20210521001704j:plain


室内なのにもはや街ですね。
実物を参考にしたようなので、まさに台湾を観光しに来ている感じがします。

f:id:bana250:20210521002736j:plain

この建物の中は休憩するスペースもあり、レストランですね(汗)
ここから景色を眺めたり雑談などできる場所なので非常に良いです。


f:id:bana250:20210521004621j:plain


個人的にはここの通り道が好きです。
一瞬坂道かと思っていましたが、目の錯覚でそういう風に作られている(はず)だなと驚きました!


お次は下記の公式アカウントにて


といった内容で、ハッシュタグを辿ってみると豪華なハウジングばかりでレベルが高すぎるばかりです。
その中で丁度同じサーバーにありましたので、こちらのハウジングに行ってみました!


f:id:bana250:20210521005642j:plain

内装がリゾート一室でホテルに来た気分です。


f:id:bana250:20210521005825j:plain

f:id:bana250:20210521005836j:plain

気になったのはこの段差。
一つ一つ組み合わせて微調整したりとおそらく手間が掛かったかと思います。

それに違和感なく作られているのが凄く素敵ですね。

家具が密集しているか処理落ちしてしまうのもありましたが、全体を通して細かい所まで配置していて気に入りました!

~シアトリズムの思い出~ Part3

Part2はこちらの記事です


シアトリズムプレイヤーズサイトでは、自分がプレイした選曲回数TOP10が見れますね。
そこで自分はどれぐらい遊んだのかTOP3まで述べていきます。


f:id:bana250:20210429134900j:plain

FF6と12が好きな自分が何故この曲をやり込んだのか謎ですが、やっていて面白かったですねw
イントロで入る部分でテンション上がる感じがして、かっこいい曲だなと思いました。

ちなみに究極の譜面でやっていてフルチェイン取ろうにも大体同じ箇所でBADしてしまう事が多かったです(汗)

シアトリズムFFACのアレンジ曲です!
当時実装時は超絶譜面の中で最高難易度でもあり、歯ごたえのある感じですね。

そんな自分は未知の領域でしたので、究極譜面をやっていました。
それでも難しい事に変わりはないですが(汗)

初めはB~A辺りでしたが、回数をこなしてSSまで達成できるようになりました。

FF6の戦闘、原作は序盤から最終まで通常バトルで使用されており、良い曲です。
譜面のはカーテンコールでプレイした時と大体似たような感じでもありました。
それでも数は多くありましたが、プレイしている最中は当時ゲームをプレイしたのを脳内に思い浮かべてやりながら楽しかったですw


こうしてみるとTOP10以内にFF6、11、12がバランスよく揃っていますね。

11は未プレイでもありますが、「Selbina」の曲は良いですね。
作曲者は水田直志さん。

※下記は引用です。※

フィドルの演奏は植松伸夫フィドルを習っているジム・エディガー氏。フィドルとはヴァイオリン等の弦楽器全般のことを指し、民族音楽などで使われる場合に特にこう呼ばれる。
リズムは8分の6拍子の「ダブル・ジグ」と呼ばれるもので、どことなくアイルランドなどのケルト圏を思わせる曲調となっている。異国情緒のあるBGMは、砂丘時代の記憶とともに印象深く残り、PC間ではかなり人気のある曲らしい。

Selbina/FF11用語辞典


おそらくフィドルの演奏で魅力を感じ、その影響にハマりましたね。
究極の譜面は難しめでありましたが、その分リズム感も良くて、ここまでやり込むとは思っていませんでした。

~シアトリズムの思い出~ Part2

2017年11月30日のアップデートでご当地称号が実装されました。

Part1はこちらの記事です

初めは特に回らなくても良いかと思いましたが、SNSでシアトリズマーが続々とご当地称号を獲得している方を見掛けました。

それならば地方称号だけ1個獲得できたら良いな・・・と思い、実行に移しました。
地方称号とは、例えば関東地方にある全ての県でプレイできたら「関東の交響楽団」の称号が獲得できます。

自分は「近畿の交響楽団」を獲得するのを目的に決めました。
近畿地方にある県は
大阪府
京都府
兵庫県
奈良県
和歌山県
滋賀県

この中で難関だと思うのは和歌山ですね。
ちなみに自分が行った順では大阪→兵庫→京都→和歌山→奈良→滋賀の順で行きました。

一日で全て行っていませんよ(汗)
別々の日に獲得しに行きました。(一日で行けなくもないですが)

その中でちょっとしたトラブルの出来事がありました。

この日は和歌山と奈良のご当地称号を獲得しに行きました。

初めは和歌山にあるピタゴラスのゲーセンに行くのを決めて、最寄り駅の東松江駅まで行こうとしていました。
が・・・自分は何故か一駅前の紀ノ川駅に降りてしまいました。


冷や汗かいてしまいましたが、しばらくしたら次の電車が来たのですぐさま乗りました。
乗ってから何か違和感を感じました。


東松江駅は次の駅なのに何故か到着しない、というか全然違う方向に向かっているなと思ったらこの電車は南海本線和歌山大学方面に行く電車でした(白目)


自分が行くのは南海加太線の方の電車に乗る必要がありました。

電車内のアナウンスで「次は和歌山大学前駅~」とか言って、事の深刻さを感じました。

お掛けで迷走しながらすぐさま駅に降りて紀ノ川駅まで戻りました・・。
次の電車が来るのは30分後、そんなに待ってられないなと思い、googleマップでここから徒歩で行けるのか調べたら約27分で到着できるようです。

という訳で徒歩30分ぐらいピタゴラスまで行ってきました!(自業自得)

f:id:bana250:20171229120142j:plain

予定より大幅に遅れてしまいましたが、気にする事なく(気にしろ)ささっとプレイしました。

f:id:bana250:20171229121927j:plain


その後は奈良に行き、何事もトラブルを起きる事はなく無事に獲得できました。

f:id:bana250:20171229162453j:plain

奈良のゲーセンに行った店舗はラウンドワン奈良でした。

f:id:bana250:20171229160717j:plain

この店舗は2018年4月8日に閉店し、奈良平城プラザ「ミ・ナーラ」に移転したとの事ですね。

今となっては思い出の中でしかありませんが、それでも行ってきて良かったなと思いました。

そして最後の滋賀で無事に「近畿の交響楽団」の称号を獲得できました。

f:id:bana250:20180106123521j:plain


地方称号1個獲得し小さな目標でありましたが、周りの影響を受けたのが大きかったですね(汗)

既に全国称号を達成したりとか、開催する交流会で遠征しに行く人達もおり、皆さんの行動力は凄まじいなって感じました。

それでも遠征に行くきっかけを持ちました。

次回はPart3に続きます。

~シアトリズムの思い出~ Part1

シアトリズムFFオールスターカーニバルは4月1日(木)AM 6:00でオンラインが終了となりました。

稼働開始日から4年半、それまでにあった出来事を振り返ってみます。

初めてシアトリズムの交流会に参加した日は、2017年9月24日(日)、タイトーFステーション あべのアポロ店

当時は筐体が4台もあり、それが当たり前にあるんだなと感じました。
この交流会はツイッターのフォロワーさんがRTしたのを見掛けて意を決して参加しました。

主催者さんはお会いした事がないので、
どんな人なのか楽しみ半面、不安もありました(汗)
でもそんな事は問題ありませんでした。

当日のイベント内容をスムーズにこなしたり、
何か気になる事があれば相談して下さったりとても良い人です。
素直に素敵だなと思いました。

初めはナンバリングタイトル称号を取得する為に取りやすい構成と方法を教えて頂いた後、開始しました。
この時はFFVIの称号を取りたかったのでVIのPT編成にし、リーダーはティナにしました。
その中で一番LVが高いのはティナでしたのでw
(※推しキャラでもあります!←)

リズポが900ptに達していれば取得できるのですがもう少しの所で取れませんでしたが、2回目再挑戦して無事に取得できました!
他の方の皆さんが協力して頂いたのもあり、嬉しかったです。

f:id:bana250:20170924170425j:plain

そして何より交流会で参加して思ったことは直でプレイしている人を見る事ができます。

ボタンとジョイスライダーをどんな風に使用しているのか、トリガーのスピードはどの段階で設定しているのかなど気になって見ていました。

自分とは違ったやり方があり、そういう使用もあるのか・・・って知る事ができましたw

この交流会に参加するまでは、周りにやっている人達が中々見掛けませんでした。
そのお掛けで交流の幅が広がり、もっとシアトリズムやりたい!って思いましたね。

まとめて書こうかと思いましたが、長すぎてしまいそうなのでここで区切ります(汗)
続きはPart2で!

【FFXIV】再生編零式をクリアしてみて感じた事

先月の1月末日に再生編零式4層をクリアし、非常に嬉しかったです。

今まで零式は制限解除でマウント目当てでPT組んで行ったりとかしていましたが、今パッチで零式に挑戦するのは初めてでしたのでそれらを通じてみて感想を書いていきます。

  • ギミックはランダム要素が多かった

ランダム要素と言いましても、基本的にパターンがあるのでそれらを覚えておけば大丈夫です。
その順序がどれに来るのかランダムなので、瞬時に判断する事が大事でした。
2層のヴォイドゲートと影の従僕の複合ギミックの場合だと、2回目の塔処理と影の従僕を担当する人が難解だと感じました(汗)
自分はまだ慣れたという感じではありませんが・・落ち着いてやれば対処できそうかと。

  • 分からない事があれば素直に聞きましょう

自分は野良で行って、疑問点に関する事があれば聞きました!
何か良く分からないけどフェーズ突破できたっていうのがそれは良くないので・・少しでも気になる事があれば聞きましょう!
もちろん、具体的な事を述べて相手に伝えれるようにしましょう。(自分も含めて)
そうすれば答えてくれる人達がいますので、解決できるかと思います。

  • スキル回しを見直す事ができた

なるべく早めにクリアできるようにしようと決めていて、行き詰った時はスキル回しの見直しはしていました。
例えば4層でしたら、前半を超えるのに火力がシビアでありましたので、それぞれのスキル効果、威力など、動画で上げて下さっている方のスキル回しを参考にして基礎を振り返るようにしました。
それらを踏まえて木人討伐戦(零式4層)でやってみたら以前より倒す時間が短くなりました。

  • 可能であれば録画してみましょう

練習PTに行った時、そういえばここのギミックはこれで合っていたのか、シナジー合わせはどのタイミングでしたら良いんだろうかなど、少し確認したい時に録画はしてみた方が良いかと思います。
PS4でしたらSHAREボタン押せば録画開始できますからね。
これは上記に述べたスキル回しも見直す事ができますので、自分にとってメリットがあるかなと思います!


色々と述べましたが、個人的に再生編零式に挑戦できて良かったと感じました!

2021年がやってきました

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

元旦は過ぎましたね。
時間が経つのはあっという間です。

さて、年越しはFF14でFCメンバー達と過ごしました。

f:id:bana250:20210102151901j:plain

コスタに着いたときは、曇っていましたが、無事に晴れて初日の出を迎えることができたので良かったです(笑)


去年は新型コロナの影響で行きたいイベントがどれも中止になって、休みの日とかは家で過ごす事がほとんどでした。
その影響でもありますが、軽く筋トレをし始めて、コツコツとやっていたら今では生活の習慣になっています。

ストレス発散でもありますが、体を動かすのは良い事だと改めて感じました。

今年は良い一年になれるよう、自分が思いっきり楽しんで行くように頑張ります。


それでは皆さん、本年も宜しくお願い致します。

【FFXIV】ボズヤを一通りやってみての感想

5.35に追加された南方ボズヤ戦線

レジスタンスランク15になって、ある程度やってみて思っていた事を書きます。


南方ボズヤ戦線はストーリーが絡んでいる以上、レジスタンスランクを上げてクエストを進めていくのが流れになります。
そのレジスタンスランクを上げるにはスカーミッシュやクリティカルエンゲージメント(以下、CE)です。

スカーミッシュは各地に発生するF.A.T.Eでこれをひたすらやり続け、知らぬ間にCEが発生したので、さっそく入ってみました。

f:id:bana250:20201107141856j:plain

このSSは実装初日の時で、当然ながら人が沢山います。
PTを組む場合、sayチャットで「ノ」をしたら誰かがPTに誘ってくれるようです。
そんな感じなのかなと思いながら、自分もやって皆と一緒に協力して戦いました。


f:id:bana250:20201107151151j:plain

CEを参加する中、目の前のナマズオのミラプリをしたルガオスはとても目立ちますね。

はい、では感想ですw


基本的にスカーミッシュとCEやって「戦果」を入手できるので、どんどん入手してレジスタンスランクを上げていきました。

スカーミッシュって要はF.A.T.Eと一緒ですよね。
CEを発生するためにスカーミッシュをやっている感じなので、終わったら次が沸いて移動しての繰り返しでテンポ間が悪いなと感じました。
NPCも一緒に戦っているので到着した頃には進行度が50%以上になっていたりとか・・ていうのもあります。

参加する人数が少なかったらの利点もありますし、特に気にしなくても良いかなと感じました。

CEは面白いです。
多人数で参加するバトルコンテンツは好きですので、ギミックは何となく分かる感じですから楽しいです。(赤チョコボはヤバイけど)
BGMがFF12TZAの曲で動乱の帝国バージョンでやっていた自分にとってはウハウハでしたよ!


しかしレジスタンスランク15になってスカーミッシュとCEの報酬の見直しはして欲しいですね。
戦果は必要ないですし、攻城戦で手に入れるボズヤの古銭を1枚でも良いので確定でドロップするとか。
その強化素材が999枚と要求する数が多いので・・・。

攻城城を周回すれば良いのですが、約1時間に1回発生するので抽選外れたらまた待たないと行けないというのが・・・辛いですね(汗)
実はここもストーリーが絡んでおり、初見さんも同様に抽選に外れてしまうので、あまりにも配慮が足りていないのでは?

参戦募集時間を増やすのは良いですが、初見さんは確定で参加できるように調整した方が良いと思います。

やっていて楽しいですが、見直しする所が色々ありますので、良いコンテンツになれるように待っています。


【追記】
下記のアップデートにより、スカーミッシュとCEでボズヤの古銭が入手できるようになりました。
jp.finalfantasyxiv.com